天気予報

31

26

みん経トピックス

サンフレが首都圏で人材募集広島の「クリスピー」閉店へ

広島・幟町に食材と日用品セレクト店「84」が移転 新たにイベントスペースも

広島・幟町に食材と日用品セレクト店「84」が移転 新たにイベントスペースも

ジェネラルストア 84(はちよん)店内

写真を拡大 地図を拡大

 広島・幟町公園近くに食材や日用品のセレクトショップ「ジェネラルストア 84(はちよん)」(広島市中区幟町、TEL 082-222-5584)が移転オープンして3カ月がたった。

新設した2階フロアのイベントスペース

 1984年生まれの大田浩史さんが店主を務める同店は2010年8月4日、袋町にオープン。大田さんの生まれ年にちなみ、店名や電話番号、オープン日に「84」を掛けている。

 「移転先は公園の前か川沿いで探していた」と大田さん。週末には県外からの来店客も多いため、交通の利便性を重要視して市内中心部で物件を探したという。季節を感じられるようにと公園に面した店舗の壁面にはガラスを使った。

 店舗面積は1階、2階の各12坪。フロア構成は1階=物販、2階=イベントスペース。移転前と比べ、店の幅は変わらないが奥行きが2坪ほど広く天井も高い。取り扱う商品点数やラインアップは以前と変わらず、商品一点一点を見せるレイアウトを取り入れる。

 店内に並ぶ食品は、大田さんの食卓に並ぶものばかり。大田さんによると、食べることを大事にしたいと取り扱う際には自分ならどういったものを食べたいかを考え、「応援したい商品」を探すという。ものづくりにこだわりを持つ生産者の思いや熱を伝えたいとやり取りを密に行い、休みを利用して各地に足を運ぶ。店が商品を作る「作り手」と購入者の橋渡しになればと関係作りにも力を入れる。

 新設した2階フロアではこれまで、店の広さなどの問題からできなかった企画を順次行っている。「温めていた企画を実現する場にしたい」と大田さん。現在は月1回のペースでイベントを開いており、今後は生産者を招いた企画も予定する。

 営業時間は11時~18時4分。水曜・日曜定休。

グローバルフォトニュース